ニュース NEWS

2022.04.26

膀胱結石を外科的摘出した症例

12歳のトイプードルのわんちゃんで、膀胱内に結石があった症例の紹介です。

数年前から膀胱内に結石を持ったまま過ごしていましたが、突如排尿がしにくくなってしまったとの主訴で来院されました。
レントゲン画像で腹部を確認すると尿道内と膀胱内に結石が認められました。
尿道内に結石がみられるのは膀胱でできた尿石が尿道まで出てきてしまっているためです。

排尿がしにくくなっている原因である尿道内の結石をカテーテルで膀胱内に戻し、再発しないよう手術にて結石を膀胱から摘出しました。

現在術後から数ヶ月経過しておりますが、問題なく排尿できており健康にすごしていただいています。

術前のレントゲン画像です。
膀胱内と尿道内の結石が写っています
 

術前のCT検査でも膀胱内の結石が確認できます

手術で結石を摘出しているところです。
これを何度かくりかえして膀胱内に結石が残らないようにします。

無料駐車場100台完備 アクセスを見る

TEL:059-320-3939 / FAX:059-320-3940

〒510-0943 三重県四日市市西日野町1596

  • 夜間動物緊急診療所のご案内
  • ペットホテル
  • トリミング

PAGE TOP