循環器疾患

僧帽弁閉鎖不全症

僧帽弁閉鎖不全症

僧帽弁は心臓の左心房と左心室の間に存在する弁で、心臓が収縮したときに弁を閉じて血液が逆流しないようにする働きをしています。弁が変性して機能しなくなったり、腱索という弁を支えている腱が緩んだり、切れたりすると弁が閉まらなくなり閉鎖不全症を引き起こします。老齢の小型犬に多い病気で、心臓病の約2/3を占めています。キャバリア、マルチーズ、ヨークシャテリア、シーズーなどに多く見られ、加齢に伴って進行します。早い場合は5~6歳で症状が現れるとこもあります。進行すると肺水腫を起こし、呼吸困難で死亡することもあります。

  • 老齢の小型犬である
  • 好発犬種である
  • 咳をする
  • 運動を嫌がる
  • 疲れやすい
  • 湿性の咳が出て呼吸困難になる
  • 失神することがある
初期ではほとんど症状がありません。症状が出る場合には咳が出る、疲れやすい、運動をしたがらない、運動すると呼吸が速くなるなどがみられます。重度の場合は、湿性の咳が出て呼吸困難になる、失神するなどの症状がみられます。
身体検査、レントゲン検査、心電図検査、超音波検査などを行い診断します。
身体検査では聴診で心雑音を聴取することができます。
レントゲンでは心臓の大きさや肺の状態を確認します。
超音波検査では弁の状態や血流などの心臓の機能を確認することができます。
症状の緩和や病気の進行を抑えるために薬を内服(強心薬、血管拡張薬、利尿剤など)します。また運動制限や食事療法なども行われます。肺水腫を起こしている場合は、直ちに酸素ケージに入れ、集中的に治療を行います。
写真は僧帽弁閉鎖不全症の超音波画像です。
超音波検査で血液の流れに色を付けたり、血液の流速を波形で表したりしています。
そうすることで、正確な診断と、肺水腫といった合併症が起こる危険性などを正確に評価出来ます。

肺高血圧症

肺高血圧症

肺高血圧症とは様々な要因によって心臓から肺に血液を送る血管(肺動脈)の圧力(血圧)が高くなる病気です。肺動脈の血圧が高くなると、血液の流れが悪くなり心不全をおこします。

  • 咳をする
  • 呼吸が浅く早い
  • 疲れやすい
  • 運動を嫌がる
  • お腹が膨らんできた
  • 失神することがある
軽度から中程度の場合はほとんど症状がありません。症状はかなり進行してから出ることが多く、咳、息切れ、浅くて速い呼吸、疲れやすいなどの症状がみられます。重度ではお腹が膨らんできた、失神するなどの症状がみられます。
身体検査、レントゲン検査、心電図検査、超音波検査などを行い診断します。
とくに超音波検査は診断の有効な手がかりとなります。
写真は肺高血圧症の診断に有用な超音波ドップラーの写真です。
肺高血圧症が無ければ起こりえない高速な逆流が起こっていることが分かります。

犬・猫フィラリア症

犬・猫フィラリア症

フィラリアとは蚊が媒介して犬の心臓に寄生する虫で、寄生により心臓に負担をかけるため、結果的に肝臓や腎臓、肺など様々な臓器を障害する病気です。進行はゆっくりなことが多いですが、時に急に進行(大静脈症候群)することがあり、その場合は緊急手術を行い心臓の中のフィラリアを取り除かなければなりません。大静脈症候群を引き起こした場合は死亡する可能性がかなり高くなります。
通常では犬に寄生しますが、稀に猫やフェレットに寄生することもあります。

  • フィラリア予防をしていない
  • 咳をする
  • 息が荒い
  • 運動を嫌がる
  • お腹が膨らんできた
  • 失神する
  • 突然倒れてぐったりとしている
  • 赤い尿が出た
感染の初期や寄生している虫が少数の場合はほとんど症状がありません。進行すると咳が出る、息が荒くなる、運動を嫌がるなどの症状が出ます。重度になるとお腹が膨らんでくる、失神するなどの症状がでます。また大静脈症候群を引き起こした場合は突然倒れて、呼吸が荒くなり、赤い尿(血色素尿)が出るなどの症状がでます。
猫では無症状のものから、咳、嘔吐、食欲がないなどの症状がみられるものまで様々です。
身体検査、血液検査、レントゲン検査、超音波検査などを行い診断します。
血液検査でフィラリア寄生を確認することができます。
また超音波検査では心臓内に寄生したフィラリアを描出することが出来ることがあります。
基本的に既に寄生してしまったフィラリア成虫は駆虫しません。駆虫する薬剤もありますが、駆虫すると重篤な副作用が出て亡くなってしまう可能性もあるためです。
フィラリアに感染してしまった場合、それ以上の感染を予防することで約3~5年でフィラリア成虫の寿命が来て体からフィラリアがいない状態を作り出せる可能性がありあます。
その間、フィラリア寄生による心臓や肺への影響が最小限になるように内科的治療を行います。

フィラリア症は定期的に予防薬を飲むことによって予防できる病気です。寄生するとフィラリア成虫は取り出すことが難しいため、予防が何より重要です。
 
これはフィラリアに罹ってしまった患者さんの血液を800倍に拡大した顕微鏡写真です。
血液の中に青く染まったフィラリアの子虫が見えます。
この患者さんはフィラリア予防をしていませんでした。そのため、この検査後にフィラリアに対する薬を用いた治療を行いました。

拡張型心筋症

拡張型心筋症

心筋症とは心臓の筋肉(心筋)が働かなくなり、十分な血液が全身に行き渡らなくなる心臓の病気です。
拡張型心筋症は心筋症の一つで、心臓の壁が薄く伸びて心臓内部の空間が広がってしまうため、心臓が血液をうまく送り出すことができなくなる病気です。
遺伝性のことが多く、アメリカンコッカースパニエル、ダルメシアン、ドーベルマン、ボクサーなどの大型犬に見られます。また加齢に伴って発生する可能性が高くなります。時に突然死することもあります。

  • 大型犬である
  • 好発犬種である
  • 時々倒れる
  • 運動を嫌がる
  • 呼吸が速く、しづらい
  • 咳をする
  • ふらついたり、ぼーっとしていることがある
初期の場合はほとんど症状がありません。進行すると肺に水がたまり、呼吸が早い、呼吸しづらい、咳をするなどの症状が見られ、重度では不整脈を起こすことによりふらつきや、ぼーっとするなどの症状がみられます。
身体検査、レントゲン検査、血液検査、超音波検査などで診断します。
超音波検査では拡張した心臓をみることができ、診断の有効な決め手となります。
完治するのは難しく、症状の軽減や進行を遅らせる事が目的です。強心剤、血管拡張薬、抗不整脈薬、利尿剤などを症状に合わせて内服します。また心機能を回復させるためにタウリンを補う事もあります。
当院では拡張型心筋症の患者さんにはACE阻害薬という心筋を保護する薬や、ベトメディンという強心剤などを組み合わせて長く良好に過ごしていけるように治療しています。

肥大型心筋症

肥大型心筋症

心筋症の一つで、心筋が分厚くなり心臓がうまく広がることができないために、血液をうまく全身に送り出すことができなくなる病気です。遺伝性であることが多く、メインクーン、ペルシャ、ラグドール、アメリカンショートヘアなどで多くみられます。甲状腺機能亢進症という病気に関連して起こることが多く、6歳以上の猫でみられます。肥大型心筋症は血栓症や肺水腫を併発することがあるため注意が必要です。

  • 好発猫種である
  • 呼吸が早い
  • 呼吸しづらい
  • 運動を嫌がる
  • 突然後足を痛がり、立てなくなった
初期の場合はほとんど症状がありません。進行すると呼吸が速い、運動を嫌がる、呼吸しづらいなどの症状がでます。
血栓塞栓症を起こすと、後ろ足が麻痺して立てなくなることがあります。
身体検査、レントゲン検査、心電図検査、超音波検査で診断します。
超音波検査では肥大した心筋を確認します。
血管拡張薬、利尿薬、抗不整脈薬などを内服し治療します。
肺水腫や血栓症を起こしている場合は、緊急のため酸素室で24時間管理し、集中的に治療を行います。
写真は肥大型心筋症の患者さんの超音波画像です。
心筋が肥大しているために、左心室から全身へ血液が向かう部分で閉塞が起きています。

血栓症

血栓症

血栓とは様々な要因で心臓または血管の中で血液の塊(血栓)ができることです。この血栓が細い血管で詰まり、血液が行き渡らなくなるため様々な障害を起こす病気を血栓塞栓症といいます。心筋症、副腎皮質機能亢進症、蛋白喪失性腸症、免疫介在性溶血性貧血などの病気で二次的に起こります。また血管の詰まりはどこでも起こる可能性がありますが、猫では後ろ足の付け根で詰まってしまうことが多く(大動脈性血栓塞栓症)、この場合、後ろ足の麻痺がおこり、突然立てなくなり、死亡することもあります。

  • 突然後ろ足を痛がりだし、立てなくなった
  • 足先が冷たく、紫色をしている
血栓が詰まった場合は突然症状が出ます。猫の後ろ足で詰まった場合、痛がりだし後ろ足が立たなくなる、足先が冷たく紫色をしているなどの症状がみられます。痛みで呼吸が浅く速くなります。
病歴、臨床症状、身体検査、血液検査、レントゲン検査、超音波検査、心電図検査などから総合的に診断します。触診にて、股動脈圧の消失や冷たくなった後ろ足などを確認することが診断の手がかりになります。
早急に血栓を溶かす薬を使用し治療します。
内科的治療に反応しない場合は、バルーンを用いて血栓を摘出する場合があります。
 
血栓症になってしまった患者さんには、t-PAという血栓溶解剤や低分子ヘパリンといった血栓形成抑制剤をなどを組み合わせた血栓溶解療法を行っています。
内科的治療に反応しない場合は、バルーンを用いた摘出手術を行っています。
写真は心臓内に出来た血栓の超音波検査画像です。

不整脈

不整脈

不整脈とは心臓の心拍やリズムが一定でない病気のことです。不整脈には臨床的に影響のないものもありますが、心臓の病気が原因で不整脈を起こす場合は突然死をすることもあります。
検査時に患者さんが興奮していると、異常を検出できないこともあります。

 

  • 突然倒れる
  • フラフラとめまいがする
症状がないことが多いですが、症状がある場合は突然倒れたり(失神)、めまいを起こします。
身体検査(聴診)、心電図検査、ホルター心電図検査を行い診断します。
抗不整脈を使用して治療します。
不整脈の種類によっては、ペースメーカーを植え込む手術を行う場合もあります。
写真はホルター心電図を装着した患者さんの写真です。
院内で行う心電図検査では、患者さんが興奮していることもあり検出できない不整脈もあり、そのような時にはホルター心電図が有用です。

心臓腫瘍

心臓腫瘍

心臓腫瘍はアフガン・ハウンド、イングリッシュセッター、ジャーマンシェパード、ゴールデン・レトリバーなどでよくみられる病気です。
 

  • 突然倒れる
  • お腹が膨らんできた
  • 元気、食欲がない
症状がないことも多いですが、腫瘍が心臓の機能を生涯したり、心タンポナーデ(心臓周囲に液体がたまった状態)を起こすと、虚脱、失神を起こしたり、元気食欲の低下、腹囲膨満、体重減少などがみられます。
身体検査(聴診)、心電図検査、超音波検査、CT検査を行い診断します。
腫瘍に対する治療だけでなく、心臓周囲に溜まった液体を除去したり、心不全に対して内服薬による治療を行います。
心臓内の腫瘍を超音波で観た写真です。
本来は血液で黒く描出されるはずの心臓内に白く塊が描出されていることがわかります。
当院では超音波にて心臓腫瘍が確認された場合は、可能であればCT検査を行い、より正確な診断を行う場合があります。
心筋に出来た腫瘍は手術で摘出することが出来ませんが、腫瘍の増大を抑制することで出来るだけ長く良いQOL(生活の質)を維持出来るように心がけています。

心膜横隔膜ヘルニア

心膜横隔膜ヘルニア

心膜横隔膜ヘルニアとは胸部と腹部を分けている横隔膜と心臓の心嚢膜の一部が先天的に欠損していて、穴が開いている、そこに腹部の臓器が入り込んでしまう病気です。犬猫の心膜奇形の中では最も多い病気です。

  • 比較的若齢(4歳以下多くは1歳以下)
  • 発育不良である
  • 嘔吐や下痢、食欲不振がある
  • 呼吸困難がある
症状がみられないことも多いですが、偶発的に発見されることもあります。症状が出た場合、嘔吐、食欲不振、下痢、呼吸困難、発育不良などがみられます。
身体検査、レントゲン検査、超音波検査、CT検査などを行い診断します。
多くは外科的に修復することで治癒します。
写真は横隔膜に出来ているヘルニア孔です。
横隔膜に穴が開いており、お腹側から胸腔内が見えています。
非吸収糸により閉鎖し、良好な経過を辿っています。

心タンポナーデ

心タンポナーデ

心タンポナーデとは心臓の周りにある心膜内に液体が貯留し、心臓の働きに障害をもたらしている状態です。

  • 突然虚脱、失神した
  • 元気、食欲がなくぐったりとしている
元気、食欲の低下、虚弱、腹水・胸水の貯留などがみられます。
身体検査(聴診)、超音波検査、CT検査、心膜液の検査などを行い診断します。
心膜液によって心臓が圧迫されている場合は、緊急的に心膜穿刺を行い、貯留してる液体を除去します。検査により原因を特定し、治療を行います。
写真は心タンポナーデになっている心臓の超音波画像です。
このような状態になっている場合は、緊急的に心膜内に針をさして心膜液を抜く処置を行わないと危険な事があります。

動脈管開存症(PDA)

動脈管開存症(PDA)

動脈管開存症(PDA)とは、胎生期に肺動脈と大動脈を繋いでいた血管が、出生後も遺残する先天性の病気です。
若齢時に根治治療をしなければ、診断から1年生存できる可能性は46%と低いことが知られています。
 

  • 健康診断時に心臓に雑音があると言われた
  • 若齢である
  • 運動を嫌がる
  • 疲れやすい
  • 咳をする
  • 舌の色が紫色になる(チアノーゼ)
軽度の場合は症状がほとんどないため、健康診断などで心雑音が聴取され発見されることが多いです。
重症になると、運動を嫌がる、疲れやすい、咳をする、舌の色が紫色になる(チアノーゼ)などの症状がみられます。
 
身体検査、レントゲン検査、超音波検査などを行い診断します。
特に身体検査では、特徴的な心雑音(連続性雑音)を聴取することができます。
超音波検査では開存する動脈管を確認します。
根治治療に外科的治療とコイル塞栓術があります。
外科的治療が行えない場合は、血管拡張剤などで内科的治療を行います。
写真は、開存した動脈管を露出して結紮しているとことです。
動脈管開存症の患者さんは、早期に発見し結紮手術を行えば、健康な子と同じように生活が出来ます。

無料駐車場100台完備 アクセスを見る

TEL:059-320-3939 / FAX:059-320-3940

〒510-0943 三重県四日市市西日野町1596

  • 夜間動物緊急診療所のご案内
  • ペットホテル
  • トリミング

PAGE TOP